開発ヒストリー

開発ヒストリー①

日本初!初めての年齢別子供ハブラシ “トム&ジェリー”ハブラシ

新商品開発のきっかけは、子供の年齢によって歯や歯グキの状態が違う事でした!!
1978年までは、年齢別に分けた子供ハブラシは存在しなかった。当時、ジャックス(現 デンタルプロ株式会社)は産学協同で専門の開発チームを立ち上げ、子供用ハブラシとしては初めて年齢に合ったハブラシを世に送り出しました。

日本初!初めての年齢別子供ハブラシ“トム&ジェリー”ハブラシ

このページの先頭へ

開発ヒストリー②

歯間ブラシ市場の潜在需要を喚起させた“デンタルプロ”歯間ブラシ

1990年代に入り、歯間ブラシニーズは高かったが、値段が割高で浸透しなかった。1994年ジャックス(現 デンタルプロ株式会社)は、製造技術革新で市場に新風を巻き起こす結果となりました。

歯間ブラシ市場の潜在需要を喚起させた“デンタルプロ”歯間ブラシ

このページの先頭へ

開発ヒストリー③

常識外れ ハブラシの価値追求を極限まで演出した“デンタルプロ ブラック”ハブラシ

1980年代後半、水だけでも歯の表面がツルツルになる素材研究を行い、素材開発に成功する。
しかし、デザインへのこだわり・価値を伝えるキャッチコピーのズレで生活者に響かなかった。ところが、20年の歳月が流れ、生活者視点の開発が奏功し、2006年4回目のブランドで成功する。

20年の歳月が流れ、2006年4回目のブランドで成功する

このページの先頭へ

開発ヒストリー④

ねこの肉球ハブラシ

ネコ好きの開発者とデザイナーが生み出した、歯ミガキを嫌がる人に楽しさを教える“オーラルアクセ ネコの肉球ハブラシ”

この歯ブラシは“ネコの肉球に近づけたプニュプニュした感触を楽しみながら長くハミガキに取り組んで欲しい”という思いから生まれました。
「ハミガキが面白い」を追い続ける開発者の情熱「義務的でつまらない」と言われ続けたハミガキタイムを癒しの時間に変える珍アイテムとして社長に直訴して生まれた商品です。

これからも、世の中のお役に立つというDNAを受け継いで商品開発をしていきますので、応援してくださいネ。

デンタルプロについて

お問い合わせ

デンタルプロ株式会社 カスタマーセンター 〒581-0038 大阪府八尾市若林町2丁目58番地

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-68-4182

メールでのお問い合わせ mr_tooth@dentalpro.co.jp