環境目的・目標

地球温暖化の防止(温室効果ガスの抽出を9割削減する)

環境目的

生産から廃業に至る活動・製品・サービスに係る温室効果ガスの排出量を、9割削減する。

■基準年:2009年度比
■達成年:2020年度

環境目標

部門 環境目標
開発本部 ① 歯間ブラシ・グリップ体積(素材焼却によるCO2排出量)の9割削減。
② 歯ブラシ・ハンドル体積(素材焼却によるCO2排出量)の9割削減。
③ ブリスタードーム(ケース)体積(素材焼却によるCO2排出量)の5割削減。
④パッケージ抜きかす体積(素材焼却によるCO2排出量)の8割削減。(原単位可)
⑤ 歯間キャップ体積(素材焼却によるCO2排出量)の5割削減。
⑥ 内箱・外箱(素材焼却によるCO2排出量)の5割削減。
生産本部 ① 不良品発生率の9割削減。
② 通い箱の長寿命化(10往復⇒100往復)
③ 製造機材(エレベータ含む)の消費電力を5割削減。
営業本部
(東京営業所含む)
(外部輸送委託含む)
① 輸送時の燃料(軽油・ガソリン)による二酸化炭素排出量を9割削減。(外部委託)
② 品違い(引取り輸送、廃棄)の解消(ゼロ)
③ 売れ残り(引取り輸送)の8割削減。
④ 売上100億円達成(100周年まで)
管理本部 ① カーボンオフセット(植林委託費用の発生)
② CDM(他企業の排出削減に協力する代償として排出量を獲得する)
③ 排出量取引(排出量の購入費用の発生)
④ 非売品(売れ残り? 引取り品)の無償提供による有効活用
…以上は、各部門の削減努力で賄えない分を補てんする手段として実施する。
各部門
(曽爾産業は除外)
① 用紙の9割削減。
② 室内空調の電力消費の8割削減。
③ 室内照明の電力消費の8割削減。
曽爾産業 ① 廃棄物引き取り回数の5割削減。
② 廃棄物の水分の除去(屋内保管)。
③ 製造機材、エレベータ、照明、空調、自動ドア、エアシャワーの消費電力の5割削減。

デンタルプロについて

お問い合わせ

デンタルプロ株式会社 カスタマーセンター 〒581-0038 大阪府八尾市若林町2丁目58番地

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-68-4182

メールでのお問い合わせ mr_tooth@dentalpro.co.jp