ハブラシの使い方

「毛先を使って磨く」の図

歯垢を落とす効果的な磨き方は毛の先を使って磨くことです。
毛の腹を使うような磨き方では歯の表面をなぞるようになってしまい、歯にこびり付いている歯垢を掻き取る力が十分ではありません。

また歯間部、歯頚部(歯周ポケット周辺)、小窩裂溝(奥歯の溝)、歯並びの悪い所のような凹んだ場所にも毛の先を使うと届きやすいので磨けるのですが、毛の腹を使うような磨き方では届かないので磨けない事になります。

「ハブラシを指先で摘む」の図

毛の先を使うようにするには軽い力でブラッシングを行うことが必要です。
力を入れすぎると毛が倒れてしまい、毛の腹を使う事になるからです。

一般的にブラッシング時の力が強すぎる傾向にあります。
これを解決する方法の一つとして歯ブラシを握るのではなく、指先で摘むように持ってみることです。

歯ブラシを握るとどうしても力が入り腕で磨くような動作になりブラッシングの力が強くなり、手首の柔らかさが失われ細かい動作が出来なくなり歯ブラシを正確に歯に当てることも難しくなってしまいます。

歯ブラシを(鉛筆、ペンを持つように)摘んで使うと必要以上の力がかからなくなりますし、指先で歯ブラシを正確に動かせるようになります。